メーカー別の比較

ソニー ハンディカムの性能

ソニー ハンディカムは、ソニーが開発販売している、ブレ修正機能が2012年から上位という、初心者でも扱いやすいカメラです。

空間光学手ブレ補正というシステムを活用しており、ブレの状態を回避できる状態を作りあげてくれます。
子どもの成長記録などを撮影するために、改めてカメラを購入しようと思っている方などにはピッタリですね。

さらにソニー ハンディカムはコンストラストに力を入れており、はっきりくっきり撮る事ができる環境を作っています。
暗い所でも綺麗な動画や写真が撮れるので、夜間での撮影も安心して行うことができます。

お金に余裕がある方は、ハイスペックモデルを選ぶと、さらに満足できる機能がついてきて、様々な撮影に環境に対応してくれるようになっています。

こうした初心者も上級者も満足できるようなクオリティの高い機能が、ソニーのカメラの人気の理由となっているのです。

キャノン iVis(アイビス)シリーズの性能

キャノン iVis(アイビス)の特徴は、キャノンというカメラメーカーの技術をそのまま生かしている所にあります。

キャノンが開発しているプリンターのインターフェイスを、そのままカメラの機能設定画面にするなど、キャノンだからこそできる対応が沢山埋め込まれています。

そのため、普段からプリンターなどでキャノンを愛用しているという方にとっては、特に親しみが持てるメーカーでもあると言えます。

さらにプロ用のカメラも開発されており、それらを活用してネット上に自分の動画や写真を、完成度が高い状態でアップしている人も少なくありません。

初心者にも扱えるカメラを開発しながら、プロの技能も使用できるカメラを開発しているので、キャノンは幅広いニーズに応えていると言えます。

JVCビクター「Everio(エブリオ)シリーズ」の性能

JVCビクター「Everio(エブリオ)は女性に人気のあるカメラで、軽い、可愛いと女性の興味を引く要素を豊富に取り込んでいます。

デザインも女性が好みやすい色をメインに取り揃えてあり、カメラ女子が増えている今、多くの女性のファンを増やしています。

さらに、JVCビクター「Everio(エブリオ)は暗い所でも綺麗に撮れるように対応してあり、カメラ初心者であっても安心して綺麗に撮る事が出来ます。

またカメラの機能である顔認識ですが、人間だけではなく、犬や猫といった動物まで反応するように作り込んであります。
ペットも家族として認識している現代だからこそ、必要な機能が沢山盛り込まれているのです。

女性に人気があり、カメラに搭載されているシステムも本格的な物が盛り込まれているといった点が、多くのファンの心を掴んでいるのです。

カメラ女子

パナソニック「愛情サイズ」の性能

パナソニック「愛情サイズ」は、画素もズームも最高の形を保っているという点が、このメーカーの特徴であると言えます。

画像は約600万画素でズームは約50倍と、どちらも偏っていないために、どのような環境下であっても、はっきりくっきりした画素や動画を撮る事ができます。

さらに開発している中でも、高級機と呼ばれる種は専門家に高評価をされており、上位の方をキープしています。
幅広い方へのニーズに応えているということで、カメラ初心者だけでなく、プロカメラマンにも愛用されているのです。