動画編集に必要なPCのスペック

PCを選ぶ際の注意

PCを選ぶ際の注意点としては、動画編集が最低限出来るスペックがあるかどうかが大切です。
というのも、動画編集は動画の読み込みや結合、編集前のバックアップ、その後の適用など様々なことを行います。

PCスペック

そのため、PCのスペックが低いと処理をしている時点で停止してしまったり、なかなか作業が進まずにイライラしたりすることになりかねません。

スムーズな動画編集をするためには、PCのスペックは欠かせないポイントなのです。

動画編集をするにあたって、最低限必要なPCのスペックは、デュアルコアと呼ばれるコアが二つ存在しているCPUを積んでいる物が良いとされています。

コアが2つあるということで処理能力が2倍になり、他のアプリケーションの処理をしながら動画編集処理もしてくれるようになります。

シングルコアの場合はコアが1つしかないので、何かアプリケーションやセキュリティソフトを立ち上げていると動画編集に処理を回すことができず、結果的に処理が止まってしまったり、遅くなってしまったりという事態になりかねません。

動画編集に特化しているPCスペック

動画編集に特化しているPCスペックとしては、coreiという第三世代のCPUがあります。
coreiはDDR3に対応した次世代CPUで、仮想メモリーに対してのアクセスも早くなっているので、アプリケーションの立ち上げも早いです。

coreiは仮想コアも実現しており、実際にはコアが2つしかないのですが、4つコアがあるような処理をしてくれます。
次世代コアであるcorei系のCPUを組み込んだPCを選ぶ事で、動画編集に特化したものとして使用できるでしょう。

動画編集を快適な環境で行いたいと考えている方は、動画編集に特化したPCを選んでしっかり対応してください。
以下のホームページでも詳しく解説されていますのでご紹介します。
>>http://pcinformation.info/movieprocessingpc.html

高画質の動画を編集するためのPC

高画質と呼ばれている動画であるハイビジョンを編集するにあたって必要になるPCの能力としては、仮想メモリーを大きくして速度を早くする能力が求められています。

仮想メモリーはデスクトップと呼ばれるパソコンのトップ画面に表示するための記憶領域になるのですが、この記憶領域を増やす事でデスクトップに表示できるアプリケーションの数を多くすることが可能です。

また、仮想メモリーの量が増えると沢山のアプリケーションの数を表示してもフリーズする事無く作業ができ、ストレス無く作業をすることができます。

アプリケーションの処理スピードはCPUが影響してくるのですが、複数のアプリケーションを立ち上げるには多くのメモリー領域を必要とします。

沢山起動出来ると後は、そこから必要なアプリケーションをいつでも起動できるので快適に高画質な動画の編集が出来るようになるのです。

使い勝手がいいPC

使い勝手がいいPCは、動画を編集するにあたり、色々な配慮をしてあるPCの事です。
現代のタッチパッド型PCであるタブレットPCという形を選択すると、動画編集がしやすくなります。

タッチパッド型を選択する事で、動画をダイレクトに選択して、動画編集をする事が出来るので、楽しくスムーズに作業をする事ができるでしょう。

PCとは思えない作業に快適感を感じる事が出来るので動画編集の作業自体がはかどります。

また、最近のタブレットPCはコア数が4つであるクワッドコアという形も出ているので、処理能力も問題ないというさらに作業効率が上がっています。

使い勝手のいいPCは動画編集を楽しくしてくれるので、使い勝手の面にも注目してPCを選んでいきましょう。