動画編集ソフト紹介

動画編集にはソフトが必要

撮影した動画をもっと良いものにしたい、と考えたときに便利なのが動画編集ソフトです。
そのままでも良作と感じていた作品も、ちょっとした加工でぐんとレベルアップする事も可能です。

ソフトには無料で使えるフリーウェアタイプと、購入時に料金が発生するシェアウェアタイプがあります。
今回はその中でも3つピックアップしてご紹介いたします。

動画を編集する頻度や、使いこなせるかどうかなどを考え、事前に予算を決めておくのもよいでしょう。

Windowsムービーメーカー

まず最初にご紹介するのがWindowsムービーメーカーです。
こちらはフリーウェアとして無料で利用する事が出来ます。
マイクロソフト社のソフトという事もあり、世界各国で利用する人が増えているソフトです。

こちらの特徴は、使いやすいソフトなのに非常に多くの機能を持ったソフトという点です。
パソコンにあまり慣れていない方でも、長時間動画やDVD作品の作成も可能です。
また視覚効果やアニメーションなどといった、少し凝った作品も作れます。

AviUtl

続いてご紹介するのがAviUtlです。
こちらはWindowsムービーメーカー同様、無料で使う事が出来るソフトです。
編集機能などが高く、フリーウェアの中でも上位の人気を誇っています。

AviUtlの特徴としては、AVIファイルに特化した編集ソフトというのが挙げられます。
動画ファイルの中でもよく使われるAVIファイルに対し、さまざまなフィルターをかけることで、より高品質な動画作成が可能となっています。

MovieStudio

最後にご紹介するのがMovieStudioというソフトです。
こちらはシェアウェアとなっているため、有料で利用するため注意が必要です。

ただしお金を払う分、フリーウェアと比べてもかなり高度な編集が出来ます。
プロが使う編集ソフトと引けをとらない、というのあながち大げさではありません。

MovieStudioの特徴は、リアルタイム編集という機能がある点です。
ほかのソフトでは動画を編集する際、実際に動いている状態を見ながらは加工できません。

しかし、このソフトの場合、動画を再生しながら自由に編集する事が出来ます。
1秒単位で細かくこだわりたい、という玄人思考の方におすすめです。