動画でお金を稼ぐ

撮影した動画をみんなと共有

カメラや携帯で撮影した動画の中で、お気に入りの作品が作れた時には、共感しあえる人たちに共有してみるのはどうでしょう。

最近ではTwitterやLINE、FacebookといったSNSツールも普及しているため、近くにいない人たちとも動画のやり取りが可能です。

作品をみんなと共有しながら「次はこんな動画を取ってみたらいい」「こうしたらもっと面白いものが出来る」などの話も楽しめます。

撮影した作品のサイズによってはSNSでの共有が難しい場合には、動画投稿サイトを利用してみるとよいでしょう。
日本にはニコニコ動画やデイリーモーションといったサイトがありますが、もっとも利用しやすいと人気なのがYoutubeです。

Youtubeの利用

Youtubeはgoogleのアカウントを取得することで、誰でも簡単に動画を投稿する事が出来ます。
動画のサイズもある程度自由に決められるため、自分の中でこだわり抜いた大きさでの投稿をしてみるとよいでしょう。

また動画をアップロードする際には、タイトルや説明文などを添える事が出来ます。
より多くの人に作品を知ってもらうためにも、特徴的で目を引くようなものをつけてみるとよいでしょう。

ある程度視聴回数が増えた動画に関しては、Youtubeから報酬を得るチャンスが生まれます。
動画を投稿するだけで思わぬ収入が発生するかもしれないので、幅広い人に楽しんでもらえるような面白い作品を作ってみるとよいでしょう。

お金がもらえる仕組み

Youtubeに投稿した動画でお金がもらえる仕組みには、広告というサービスが関係しています。
インターネット上にはgoogle社が管理しているgoogleアドセンスというものがあり、人気のある動画の下部に同社の広告が掲載されています。

このリンクに視聴者がアクセスすることで広告収入が発生し、動画投稿者に報酬が生まれる仕組みです。

1回のアクセスだけでは微々たる金額にしかなりませんが、何十万・何百万と再生された動画であれば、その金額も大きく膨らみます。

Youtuberと呼ばれる方々は月200万円以上稼ぐという人もいるため、一攫千金を狙える場所とも言えるでしょう。

一攫千金