撮影アングルの基本を押さえよう

撮影時のアングルの基本

撮影時に大切なのは、どのようにして被写体を撮るのかということです。

撮影時の基本的な構え方は、目の高さで撮るということなのですが、これをアイレベルという呼び方をします。
この他にも、3つの撮り方の種類が存在しています。

その3つとは、ハイアングル、ローアングル、よりローアングルです。
ここでは、それぞれの特徴を紹介していきます。

まず、アイレベルですが、こちらは一番基準となるアングルで、前述したように自分の目線にあわせて撮影する方法です。
もっとも基本的な撮影方法であり、安定感があり、初心者の方でも簡単にできる撮影方法です。

カメラを所持している全ての方は、このアイレベルという方法で撮影しているといっても良いでしょう。

次にハイアングルですが、この方法は目線より高い位置から撮るスタイルです。
頭上から見下ろすように撮るのがポイントです。

人がたくさん集まる場所など、全体を見渡すように撮影したいときに活用します。

高い場所から撮影したくてもできないときなどに、この方法で撮影することで、高い場所から撮影したときの同様の効果を得ることができます。

次にローアングルですが、腰を深く落として撮影する方法を指します。

高さとしては子供の目線が目安であり、子供を撮影する時に、子供の背にあわせて撮影すると上手く撮影することができます。

子供の成長記録を撮影するときなどには活躍する方法です。

最後によりローアングルですが、こちらは地面に向けて撮るスタイルになります。
犬や猫など、地面に近いものをを撮影する時に活用する方法です。

普段はあまり見ることのない地面の下の方を撮影するために、意外な物が撮れる可能性もある、おもしろいアングルとなっています。

さらにアングルを調整

アングルの調整をするために注目されているのが、建物を活用したアングル対応です。

ハイアングル、アイレベル、ローアングル、よりローアングルとう基本アングルを活用しながら、さらに建物で高さを出せるように調整すると、さらに魅力的な撮影をすることが可能となっています。

アングル

たとえば、建物をアイレベルで撮影すると、特に面白みのない映像になってしまいますが、建物の下から見上げるような形で撮影すると、その建物の高さを引き立てることができますね。

建物の屋上などから景色を撮るときに、ハイアングルで撮影すると、より広い範囲の景色を撮影することができ、広がるような光景を撮ることができますが、反対にローアングルで真下を撮影すると、高い場所にいるのだという恐怖感を感じる映像を撮ることができます。

このように、ハイアングル、アイレベル、ローアングル、よりローアングルを上手く活用する事で、同じ対象物であっても、色々な風景を見る事が可能です。

目で見ているだけでは気が付かなかった魅力も、カメラのレンズを通して様々なアングルで見ることによって、新しい魅力を発見できることもありますよ。

他にも、車など動くものに乗ってその状態で撮影することで、さらに違った視点で撮影する事ができることもあります。

撮影をするときは、基本のアングルだけで対応するのではなく、建物を活用したり、場所を変えてみたりすることで、全く違った形で撮影する事ができます。

ぜひ色々なアングルを試してみてくださいね。