動画のブレをなくそう

動画をブレないように撮影

動画をブレないように撮るためには、撮影する時にカメラを安定させる必要があります。
安定感を持たせるためには基本的には三脚などが活用されますが、ここでは道具を使用しない方法をご紹介します。

まっすぐ立っている木や、平行になっている木の机、周りの自然を活用する事で、意外と安定感のある撮影をすることができます。

特に、その場にあるような自然のものを活用することで、事前に道具を準備する必要がないですから、経済面から考えても嬉しい方法となっています。

三脚などを持ち歩く必要もありませんから、スマートに撮影に臨むことができますよ。

三脚を活用してぶれないように撮影

三脚を活用した撮影方法は、綺麗に撮影するための、基本的な撮影方法のひとつであります。
前述したような自然の安定が必ずあるとは限らないので、どこでも安定した撮影をするためには、やはり三脚があると便利ですね。

三脚を活用する事で、どこでも安定した撮影ができるので、安定感のある場所をわざわざ探したりする必要も無くなります。
このように、常に安定感が欲しいという方は、三脚を活用すると楽しく動画撮影ができるようになります。

三脚は、高さを変えることができるものであったり、バッグに入るような小ぶりなサイズであったりと、様々な種類のものがあります。

特に最近では、三脚を立てることができないようば場所であっても、三脚の足部分を棒などに巻きつけることができるものなど利便性の高いものも登場しています。

自分のニーズに合った三脚を、探してみるといいかもしれませんね。

三脚

一脚を活用してぶれないように撮影

一脚は三脚ほどバランスは良くないですが、かさばらないので持ち歩きが非常に便利です。
三脚は安定性がある半面、かさばって持ち歩きが大変なので、撮影場所まで距離があるときなどには不便になることも少なくありません。

その点で、一脚は安定感に不安はありますが、持ち歩きが便利で、遠くまで歩くにしても負担がかからないため、持ち歩くことが多いときなどにはおすすめです。

また、一脚は自由に動かせるというメリットがあるので、安定させつつもカメラを動かしながら撮影したいと思っている方には利便性の良いものとなっています。

三脚のようにカメラを載せてそのまま撮影するというのはバランスが悪いため難しいですが、一脚を持っている人がバランスを整えて対応する事で、一脚であっても三脚に負けない能力を発揮してくれます。

そして何より、一脚は三脚に比べて価格が安いので、経済的な面でも助かる部分があります。

安定した動画の撮り方

安定して動画を撮るためには、カメラの持ち方も大きく影響してきます。

カメラには、落下防止のため手とカメラを安定させるグリップがあるのですが、このグリップをしっかりを締めて持つ事が大事です。

緩いと落下するだけではなく、撮影時に安定感を保つ事が難しくなります。

また、カメラの重さも重要であり、あまり重たいものを購入すると、長く撮影する際に腕や手に負担をかけてしまいどんどんカメラが下がってきます。

そのためカメラは持ちやすい重さになっている物を選ぶ必要です。
カメラの重さは実際に持ってみて、大丈夫と思えるものを購入すると良いでしょう。